前へ
次へ

美容の敵、紫外線対策どうしてますか

紫外線といえば、思い描くイメージは真夏の太陽と一緒にさんさんと降り注ぐといった感じでしょうか。
確かにその量は夏が一番多く、日焼け対策も最も気を付けなければなりません。
太陽と一緒にということで、一年で一番暑い8月が最多量と思われがちですが、実は6月から7月が最多量になります。
もちろん、一年中紫外線は降り注いでいます。
そして、微量ではありますが、なんと室内にまで降り注いできているのです。
美容マニアな女性のなかには、室内でも日焼け止めを塗っていたりする人もいるぐらいです。
紫外線が肌に良くないのは今は常識です。
シミやシワの原因にもなりますので、女性の天敵といってもいいぐらいです。
室内でもとまでは言いませんが、外出時には季節を問わず対策をした方がいいと思います。

美容のための紫外線対策

紫外線による肌へのダメージは、深刻な美容問題です。
日焼けは赤くなってヒリヒリしたり、肌の色が黒くなるだけではなく、目に見えない肌の奥ではダメージが蓄積して、シミなどができてしまうのです。
紫外線によるダメージを防ぐ対策として効果的なのは、やはり日焼け止めです。
日焼け止めを選ぶ際には、SPFとPAを重視しましょう。
また、服装でも対策をしましょう。
日光を直接浴びないように長袖がいいです。
色の濃い物の方が色の薄い物よりも効果的に紫外線をカットすることが出来ます。
また、洗濯物を干したり、運転中などのちょっとした時間でもうっかり日焼けをしてしまわないように対策することも大事です。
いつまでも美しい肌でいるためには、紫外線対策はとても重要なのです。

Page Top