前へ
次へ

美容だけでない紫外線の悪影響とは

紫外線といえば、シミやシワなど美容面への悪影響がまず思い浮かびます。
しかし、その怖さは美容だけではありません。
目にも大きな影響を及ぼします。
雪の中、長い間戸外にいると雪の反射で紫外線を目に受けて結膜炎のような症状になることがあります。
これは「雪目」と呼ばれています。
目には水晶体と呼ばれるレンズがありますが、紫外線は水晶体を酸化させる作用があります。
そのため、徐々に酸化していくため、ある程度の年齢になると白内障や緑内障などの目の病気になりやすいと言われています。
目を紫外線から守る対策としては、やはり一年中戸外に出るときにはサングラスをかけるように習慣づけたいところです。
特に年を取ってからのサングラスは、お洒落アイテムというより健康のための必需品ではないでしょうか。

美肌を目指して紫外線対策

肌の老化の一番の原因は紫外線と言われています。
繰り返し浴びれば浴びるほどシミやしわが増え、肌の弾力の低下につながっていってしまいます。
そうならないために、お肌を紫外線から守る美容対策が必要です。
一番重要なことは、外出時には日焼け止めクリームを塗ることです。
また、長袖のシャツを着用したり、日傘や帽子などのアイテムを使用することで、更なる効果が期待できるでしょう。
曇りの日は紫外線が少ないように見えてしまいますが、晴れの日の半分以上は出ているので、油断しないようにしましょう。
また、暑い時期だけでなく、一年中降り注いでいますので、一年を通して対策をすることをおすすめします。
部屋の中や車の中でも紫外線の影響を受けてしまいますので、対策し、気を付けることが大切です。

Page Top