前へ
次へ

特に夏場は注意したい紫外線対策

美容において、日頃の紫外線対策はとても大切であると言われています。
とは言え、紫外線は体内で必要とされているビタミンDを合成すると言う働きもあることから、適度に浴びる必要があるのです。
しかし、その合成の際に必要となる紫外線量は、夏場の強いものではなく冬の弱いもので十分とされていることもあり、過度に浴びてしまうと逆効果となってしまうのです。
あまり強いものを浴び続けてしまうと、細胞のDNAが傷つき、皮膚癌等の原因にもなってしまうので、必要以上は浴びないように注意や対策が必要とされているのです。
紫外線対策は、日差しが強くなる5月頃から秋口あたりまで行うことが望ましいとされており、日差しにさらされた肌のケアも大切だと言われています。

日頃から出来る紫外線対策

美容において、美しく綺麗な肌を保つ為には紫外線が大敵と言われています。
そこで必要となるのが、日頃の紫外線対策です。
たとえ微量だとしても肌に蓄積されていくものなので、なるべく溜まっていく量も少なく抑えたいものです。
紫外線対策の方法として先ず挙げられるのが、日焼け止めをこまめに肌へ塗ることです。
ミルクタイプが肌への負担も少ないです。
また、日焼け止め化粧品の使用も効果的です。
毎日使う化粧品をこれらの製品に変えるだけでも効果があります。
ただ、あまり強力なものを使ってしまうと肌への負担が大きくなるので、紫外線防御指数が少し低めのものを使い、何度か化粧直しをする方が美容の面でも良いと言われています。
そして、食生活ではビタミンCを意識的に摂取することが効果的です。

Page Top