前へ
次へ

紫外線対策と美容ケア

紫外線対策というと、夏場のイメージがあります。
しかし、スキー場での雪焼けなどに代表される、実は季節を問わず、手を抜けないのです。
美容ケアを考える時に、一番大事なのは、紫外線対策と言っても、過言ではありません。
晴れの日だけではなく、曇りの日も、紫外線は侮れません。
そんな時こそ、日焼け止めをしっかり塗る必要があるのです。
紫外線を甘く見ていると、皮膚がんの可能性まで出てくるのです。
オーストラリアでは日焼け止めやサングラスなどは法律で決まっているほどの徹底ぶりであり、日本ではまだまだ遅れをとっています。
UV対策は、美容ケアの基本です。
ファンデーションや、口紅だけではなく、日焼け止めにも注意してこそ、本当の美を追求していると言えるのではないのでしょうか。

紫外線に対する対策の必要性

紫外線はしみやしわ、たるみを増加させるだけではなく紫外線アレルギー、皮膚がん、白内障の発症率も高めてしまう可能性もあるとてつもなく恐ろしいものです。
以前は子供は太陽のしたで日焼けをして遊ぶものとされていましたが、紫外線による悪影響を理解した今、その紫外線の対策を行う必要性を感じている人は多いのではないかと思います。
日本では昔から大人の美容ケアとしてUVカットを行う必要性があると言われており、子供たちのUVカットの必要性にきがついたのは近年のことで、海外と比べると非常に遅れているように感じます。
外出をする際は冬であっても太陽がでている場合はUVカットクリームを塗ること、日傘を常備することが非常に重要です。

Page Top