前へ
次へ

美容のための紫外線対策

美容に悪影響を及ぼしてしまう紫外線対策は夏だけのものではありません。
紫外線にはA波(UVA)とB波(UVB)、c波(UVC)の3種類あり、地上に届く95%がUVAです。
冬でも地上に降り注いでいて夏場の約半分の量なので、日焼け止めでのケアを通年で行うことが重要です。
UVAは雲も簡単にすり抜けてしまいます。
曇りや雨の日も油断しないようにしましょう。
また、窓ガラスも紫外線を通過するので、室内の窓際や車内などでも注意が必要です。
気温の高さと紫外線量は無関係です。
高保湿タイプ、化粧下地として使用できるもの、敏感肌用など多くの種類の日焼け止めが市販されています。
美容のために自分に合ったものを見つけて対策しましょう。

美容のためには紫外線対策が必要

日々の紫外線対策は美容にとって大切です。
紫外線はUVA波とUVB波に分けられます。
前者は皮膚の真皮層まで達し、肌の弾力・ハリを失い、老化を進ませる原因になります。
後者は表皮層に作用して、赤みやしみの原因になります。
UVB波は冬や朝夕は少なくなりますが、UVA波は年中通して、量と強さもほとんど変わりません。
紫外線対策には日焼け止めを塗る、サングラスをかける、衣服でカバーする等があります。
帽子や衣服、ストールなどはUVカット効果のある物を選びます。
UVカット加工がない物でも、黒や紺色であれば紫外線カット効果は上がります。
日傘は横や下からの光の反射があるため、あまり効果はありません。
日焼け止めは各メーカーからいろんなタイプの物が出ているので、TPOに合わせて使い分けましょう。

Page Top