前へ
次へ

髪の毛にも紫外線対策を

紫外線対策は顔だけでなく髪の毛にも必要です。
まず自分の頭皮を見てみましょう。
普通なら青白いのですが、日焼けをしているとピンク色から赤茶になっています。
日焼けをすると顔と同じように逃避も乾燥肌になります。
顔は手触りやツッパリ感で感想がわかりやすく美容対策もしやすいのですが、頭皮はなかなか気づきませんし、日焼け止めを塗るということもできません。
ちなみに髪の毛のUV剤が市販されていますが、これは頭皮の日焼け止めではないので使い方を間違えないようにしましょう。
頭皮が紫外線によって日焼けすると、やはり活性酸素が過剰に発生して毛根や毛乳頭を攻撃し始めます。
そうすると髪の毛にダメージが出てきて、抜け毛や薄毛の原因になります。
予防対策としては、できるだけ紫外線が強くなる5月くらいから帽子をかぶったり、日傘をさしたりすることです。

紫外線「UVA」の恐ろしさとは

紫外線は波長の長さの違いによって「UVA」「UVB」「UVC」の3種類に分けられます。
最も波長の長いUVCは地上に届く前にオゾン層に吸収されてしまうので、直接私たちには影響しません。
地上に届き、私たちに影響を及ぼすUVAとUVBですが、UVAによる日焼けは肌が赤くなったり、水ぶくれになったり、ヒリヒリ痛くなったりとかなり自覚症状があります。
UVAは皮膚の表面までしか届きませんから、対策もしやすいといえます。
問題はUVAです。
この紫外線は夏に限らず、日常生活の中でいつの間にか浴びてしまいます。
しかも真皮にまで到着して活性酸素を作り出し、肌の水分を保ちハリや弾力を保つ美容には欠かせないコラーゲンを変質させ、乾燥肌にしてしまいます。
UVBと違って自覚症状がないため、かなり時間がたってからその影響の怖さを実感することになります。
曇りの日でも、ガラス越しでもこのUVAは影響を及ぼすので、室内にいるからといって安心はできません。

Page Top