前へ
次へ

冬でも美容のために紫外線対策

1年でもっとも紫外線が多い季節は5月頃ですが、紫外線は晴れている日だけではなく、冬の曇った日も年中私たちの頭上に降り注いでいます。
ですから、日焼けだけではなく美容の事も考えるのであれば、1年を通してその対策が必要になってきます。
具体的にはどうすればいいのかご紹介します。
まず、冬は寒いので屋内で過ごすことが多くなりますから日焼け止めを塗らないという方もいるかもしれませんが、必ず塗るようにしましょう。
お肌に優しいSPFが低めの20から30でも十分です。
そして、紫外線は色の濃いところから吸収する性質がありますから、くちびるや瞳も保護してあげると効果的です。
くちびるの対策は、最近の保湿リップはSPF機能もある商品もありますから利用してみると良いでしょう。
また、瞳はコンタクトレンズや、UVカットのメガネなどもありますから活用して、紫外線から身を守り、お肌の老化を防ぎましょう。

美容には紫外線対策が絶対に必要です。

美容にとって最も大切な事の一つに、紫外線対策があります。
優秀な美白化粧品や、UVカット商品なども沢山出ていますが、それにプラスして、やはり紫外線を浴びないように、日々心掛ける必要があります。
紫外線対策の代表例が、日傘を常に差す事です。
自転車に乗っている時など、日傘をさせない時は、つばの広い帽子や、首回りにタオルなどを巻く、手袋をする、長袖のカーディガンを着るなどがあげられます。
また、上から浴びる紫外線対策だけでなく、下から反射する光を遮断する為に、マスクを着用する事もおすすめです。
つまり美容にとって大切な事は、毎日の積み重ねであり、一つだけのアプローチではなく、何重にも対策をし、美肌を守る事だと言えます。

Page Top